わおんの魅力・効果

わおんの魅力・効果 - 1

心理的効果

元気な気持ちになる・くつろぎ効果・笑う機会が増える・親密な感情を生む・回想作用等

わおんの魅力・効果 - 2

生理的効果

病気の回復を助ける・刺激やリラックス効果・血圧やコレステロール値の低下・運動の機会が増える・楽しんでリハビリテーションができる

わおんの魅力・効果 - 3

社会的効果

人との出会いのきっかけができる・コミュニケーションのきっかけになる・人間関係がスムーズになる・身体的、経済的な自立を支える

専門家からのコメント

「精神障害・知的障害・認知症への効果も」

私が知る範囲では特養施設で昭和の後半から平成移行期あたりで横浜市旭区の「さくら苑」が比較的早く、施設内で犬等を飼われ、認知症等の方の心の安定、癒しに極めて有効であるとの先駆性が福祉的に評価され、それまでの施設内に動物を飼う事は意味がないとか、福祉・介護専門職にとって過重業務との批判を克服し、今ではかなりの認知症等の高齢者施設で犬等の動物を飼われ、今ではセラピー(療法)としてアニマルセラピーとして評価されています。

岡山笠岡の「きのこグループ(医療・介護施設)」では認知症のピック病対応で有名ですがかなりの犬等のふれあいの有効性が確認されています。
認知症等の高齢者に限らず、精神的、知的障害にとってもその関わりの意義は認められているところです。

CARE PETS ヒューマン部門 最高顧問 淑徳大学短期大学部名誉教授 亀山幸吉

CARE PETS ヒューマン部門 最高顧問
淑徳大学短期大学部名誉教授 亀山幸吉

ページトップへ戻る