愛犬・愛猫の命を守る「防災準備」

犬猫豆知識
わおんのこと
そのほか

「防災の日」は少し過ぎてしまいましたが、今日はペットの防災についてのお話です!

 

災害が起こった時、私たちが愛犬・愛猫を守るためにできることはなんでしょうか。

その時に、ペットを守ることができるのは飼い主だけです。 今回は、もしもの時にペットのために常備しておくと良いものを、まとめてみました!

愛犬のための常備品リスト

・水
・フード
・おやつ(できるだけ食べ慣れていて、水分を含んでいるものが良い)
・食器(シリコンやナイロンなど折りたためるものだと便利!なければ食品保存容器などで代用も)
・ウンチ袋
・トイレシーツ
・ガムテープ(ケージの補修などにも便利)
・毛布、バスタオル
・ブラシなどのお手入れ用品
・写真(万が一迷子になった時のため)
・首輪(予備もあると良い)、ハーネス、リード(伸びないものが望ましい)
・迷子札(個体識別番号が記された鑑札はもちろん、迷子札に飼い主の電話番号を書いておくと良い)
・ケージ、クレート
・病歴を記した健康手帳やかかりつけの動物病院の情報
・ワクチン証明書、狂犬病予防注射済票
・常備薬

愛猫のための常備品リスト

・水
・フード
・食器
・ケージ、キャリーケース
・洗濯ネット

・タオル(10枚程度。お手入れや防寒に重宝します)
・新聞紙、段ボール(防寒対策としてキャリーにかぶせたり、外が見えないようにすることでストレスを軽減できます)
・トイレ砂もしくはペットシーツ(猫ちゃんはできるだけ使い慣れたものが良い)
・排泄物の処理用具
・おもちゃ
・迷子札、マイクロチップの装着
・病歴を記した健康手帳やかかりつけの動物病院の情報

・常備薬
・ワクチン証明書

 

水やフードは、少なくとも5日分、できれば7日分以上が望ましいとされています。

また、東日本大震災の時には、震災初期にはペット用の救援物資を運ぶ車両が緊急車両として認められず、ガソリン不足も加わり救援物資がすぐに届かなかったという報告もあるそうです。(環境省報告)

 

いざ災害が起こってからでは、どうにもならないことも多いものです。

普段から、人間はもちろんのこと、ペットたちの防災グッズも、準備しておきましょう!

 

また、災害時には、地割れや瓦礫などで足元が危険な状態になっていることも多々あります。

ワンちゃん猫ちゃんが足を怪我しないよう、十分に気をつけましょう。猫ちゃんは抱っこやキャリーに入れて、

大きなワンちゃんの場合は、普段から靴を履かせられるよう練習をしておくと安心ですね。

また、荷物はリュックやローラー付きのキャリーケースなど、いざという時も持ち運びが便利なものを選びましょう!