ペットにとって危険な食べもの

犬猫豆知識
そのほか

 

私たち人間が、普段何気なく口にしている食べものでも、ワンちゃん猫ちゃんにとっては危険なものが実はたくさんあるのをご存知でしょうか。

おねだりされると、ついついあげたくなってしまう・・・という方も多いかもしれませんが、飼い主が与えたものによってペットの命に危険を及ぼす可能性があります。

 

そんなことは絶対に避けたいもの。まずはどんなものが危険なのか、知ることから始めましょう!

ペットにとって危険な食べもの

 

上記は一部です。ペットの体の大きさと口にした量に応じて、危険度も変わってきます。

また、このほかにも塩分の多い加工食品やお菓子など、人間のために作られた食べ物を与えることは非常に危険です。

 

故意に与えることはもちろんNGですが、人の食べこぼしや、キッチンで料理中に落ちた食材を犬猫が拾って食べしまわないようにすることも大切です。

ワンちゃんがキッチンに来れないようにベビーゲートなどで防いだり、身体能力の高い猫ちゃんが届いてしまうところに置かず、フタつきのケースに入れるなど工夫しましょう。

 

次に、食べ物ではありませんが、犬の誤飲事故の原因として多いものもご紹介します。

誤飲に注意

おもちゃは遊んだら必ずペットの手の届かないところへ片付ける習慣をつけましょう!

家の中はもちろんのこと、散歩中の拾い食いなどにも十分注意したいところですね。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

とても怖い話ですが、万が一上記のものを口にしてしまい中毒を起こすと、けいれん、貧血、興奮、発熱、皮膚の炎症、せき、嘔吐、大量のよだれ、食欲不振、腹痛、ふらつくなどの症状が出ます。

また、そのような症状が出ていなくても、食べてしまったことがわかった場合には、すぐに近くの動物病院へ電話して獣医師の判断を仰ぎましょう。