サービス管理責任者(サビ管)の仕事とは?

アニスピ
にゃおん
イベント
グループホーム
そのほか

障害者総合支援法(正しくは、「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」」)は、障害者自立支援法の改正案として、平成24年に成立した、障害者に対する福祉サービスなどを規定した法律です。

 

障害者総合支援法では、障害者は様々な障害福祉サービスを組み合わせ、自分に合った支援を受けることができると定められています。

 

住んでいる地域によっては、多くの事業所があり、その選択肢より利用者はサービス提供事業所を選ぶこととなります。

その際、サービスを提供する側も、もちろん自分たちが提供するサービスに対して、責任を持たなくてはなりません。

 

その責任者として、障害福祉事業所に配置されるのが、サービス管理責任者(サビ管)です。

 

施設長と誤解されることがありますが、施設そのものを管理するのは「管理者」と呼ばれ、サービス管理責任者(サビ管)とは異なります。

 

サービス管理責任者(サビ管)は、訪問系、児童系、相談支援系と短期入所以外のサービスに従事する、障害福祉サービス事業のキーマンです。

 

児童発達支援管理者(児発菅)が利用者に直接支援を行うのに対し、サービス管理責任者(サビ管)は間接支援を行うのが特徴。

 

(図:国立障害者リハビリテーションセンター http://www.rehab.go.jp/)

 

具体的な仕事は以下となります。

 

  • 支援プロセスの管理に関する事⇒個別支援の質を担保する役割

・個別支援計画の作成に関する業務

・利用者に対するアセスメント

・利用者との面接

・利用者 家族 対する個別支援計画 説明と交付

 

  • サービス提供者(職員・従業者)への指導・助言に関する事

・サービス提供職員に対する技術的な指導と助言

 

  • 関係者や関係機関の連携に関する事⇒事業所、利用者、障害者を地域社会へつなげる役割

・支援内容に関連する関係機関との連絡調整

・個別支援計画作成に係る会議の運営

 

  • その他(利用者満足度や第三者評価等)に関する事

・個別支援計画の実施状況の把握(モニタリング)

・定期的なモニタリング結果の記録

・個別支援計画の変更(修正)

・自立した日常生活が可能と認められる利用者への必要な援助

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(図:国立障害者リハビリテーションセンター http://www.rehab.go.jp/)

 

サービス管理責任者の配置が必要となっている施設の一覧には

・療養介護

・生活介護(デイサービス)

・自立訓練(機能訓練・生活訓練)

・共同生活援助(グループホーム)

・就労移行支援

・就労継続支援(A型・B型)

などがあります。

 

サービス管理責任者(サビ管)になるための実務経験の要件で見るべきポイントは3つに分けられます。

 

従事してきた「施設」「業務内容(相談/直接支援)」「国家資格の有無」。

 

簡単にまとめると、以下のいずれかに該当していることが要件となります。

 

①5年以上の相談支援業務の経験があること※

②8年以上の直接支援業務の経験があること※

③いずれかの国家資格を持ち、実務経験を満たしていること

 

※サービス管理責任者(サビ管)の実務経験の要件を詳しく知りたい方はこちら

https://anispi.co.jp/etc/post-3158/

 

利用者と事業所の間で契約を結んでサービスを実施するのにあたり、そこで受けるサービスは評価されるという時代となっています。

 

ですので、サービス管理責任者(サビ管)になるためには、一定の実務経験とともに、指定された研修を受ける必要があります。今後、事業所が質の高い福祉サービスを提供するにあたり、サービス管理責任者(サビ管)が果たす役割は大きく、ニーズが高まっている職種です。